そして、温泉。

そして、温泉。

今までに訪れた全国各地の魅力ある温泉のことを記していこうと思います。      時々、マラソンのことも。

MENU 当サイトにはプロモーションが含まれます

六甲山~灘温泉 六甲道店(兵庫県)

4月28日(日)

兵庫県神戸市の六甲山へ山登りに行きました。

目指す目的地は標高約700mの掬星台。

掬星台から望む神戸の夜景は「日本三大夜景」に選ばれるほど綺麗な景色が楽しめます。

 

今回の山登りの目的はマラソンのトレーニングの一環でもあるのですが、5月26日(日)に開催される「いながわ里山猪道(ししみち)トレイルラン大会」に出場するための予行練習及び山への経験値を上げるためです。

トレイルラン大会については人生初の出場になるので、どんな感じになるのかが不透明な部分が多いこともあり、まずは今回の山登りで雰囲気をつかもうと思っています。

さて、どうなるでしょうかーーー

神戸市HPより

朝9時、新神戸駅にある登山用品のレンタルやグッズなどが販売されている「トレイルステーション神戸」の前から出発。

 

「布引の滝」へ

出発して数分歩くと、早速、一つ目の滝(雌滝)に。

そのまま歩いていくと、再び滝(雄滝)が出てきます。こちらの滝は高さが約40mあり、迫力があります。

これら2つの滝を含め、4つの滝を総称して「布引の滝」と呼ばれ、日本の滝百選に選ばれています。

ここまでは約15分ぐらいで来れるので、山登りの人たちだけでなく、観光客も多く訪れていました。

しばらく歩くと「布引貯水池」へ。新緑と青空がとても気持ちの良い景色が広がっています。

少し休憩をして再び歩き出します。

 

途中から「天狗道」という「掬星台」まで続く長い登り坂の道で、途中には岩場が続く場所もあり、徐々に疲れが出てきます。途中休憩をしていると、何人ものトレイルランナーが軽く走り抜けていきます。というのも、この「天狗道」は六甲全山縦走路の一部になっているので、多くのランナーが走っています。

そんな軽く走れなんてすごいなぁ~と思いながら、マイペースで目的地まで歩きます。

そして、約3時間をかけて、目的地である「掬星台」に到着!

 

絶景が望める「掬星台」

「掬星台」は広い公園になっていて、また、ロープウェイの終着駅ということもあり、たくさんの家族連れやグループ、そして、ランナーもたくさんいました。

眼下には大阪から神戸までの大パノラマの絶景が広がっています。

絶景を見ながら、昼食を食べ、心も体も充電して、下山します。

下山ルートは「山寺尾根」という岩場や段差のある下りがひたすら続く、山登り後半戦には少々きつい道を進みました。これが結構きつかった・・・。

そして、ゴール地である阪急六甲駅に15時半に到着。

無事に下山をし、阪急六甲駅にあるたこ焼き屋さんで休憩。

日頃、ランニングをしているとは言え、普段とは違う筋肉を使うのか、足にダメージが・・・。

 

疲れを癒しに温泉へ!

たこ焼きを食べて、少し体力が回復したので、山登りの疲れを癒しに「灘温泉 六甲道店」へ。

やはり人気のある温泉銭湯なので、多くの人が利用しており、貴重な源泉掛け流しの温泉が楽しめる「源泉」になかなか浸かれません。まあ、「源泉」の浴槽は大人2人サイズなので、しょうがないかと思い、とりあえず、露天風呂でゆっくりと疲れを癒し、さぁ出ようかな~と思って、内湯へ戻ると、なんと奇跡的に「源泉」の浴槽が空いてるじゃありませんか!

これはチャンスだと思い、すぐに浸かります!

約32℃のひんやりとした湯温、そして、無数の気泡が疲れた体にはとても気持ち良く、ダメージを受けた足を労わりながら、しばし温泉を満喫した後、良い感じで温泉を出ることが出来ました。

 

「灘温泉 六甲道店」については以前、記しています。

 

今回の山登りのコースは良い天気の中で、総距離約10kmで、ほどよく負荷があり、良いトレーニングになりました。しかし、途中すれ違ったトレイルランナーの人たちの姿を見ると、本当に山を走れるのだろうかと不安がなくなった訳ではないので、もう少しトレーニングが必要かもと感じました。

ともかく、山登りの後の温泉はやっぱり気持ち良いということがわかりました。

 

 

交通アクセス

🚃阪神本線新在家駅から徒歩約7分もしくはJR神戸線六甲道駅から徒歩約5分

🚙阪神高速道路・摩耶出口から約10分

🅿13台(無料)

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

 

 

弓ヶ浜温泉(大分県)

今回の温泉は2024年に訪れた大分県別府市共同浴場「弓ヶ浜温泉」です。

 

「弓ヶ浜温泉」は住宅地の中にあるのですが、なかなかわかりづらい場所にあります。夜遅かったこともあり、なかなか見つからず、建物があると思われる周辺をぐるぐると周りながら、ようやく見つけました。

 

本当にここが「弓ヶ浜温泉」なのか?

見つけたものの、本当にここが「弓ヶ浜温泉」なのか。少し不安になりながら、建物に近づくと・・・。

「弓ヶ浜温泉」ののぼりがあり、ここで間違いないことがわかり、とりあえず一安心。しかし、なかなか近づきがたい雰囲気が漂っています。

ですが、今度は本当に営業をしているのか?不安になります。

電気が点灯しているので営業していると思い、思いきって建物の扉を開けると・・・。

人の気配がありません。

誰もいないようです。

とりあえず、中に入ってすぐのところにある箱に入浴料を入れて、中へ。

入浴料:200円

営業時間:6時~10時、15時~22時半

定休日:毎月第2・4水曜日

中は脱衣所と浴室に仕切りがなく、一体型の別府の共同浴場のスタンダードなかたちです。ロッカーなどはなく、簡素な棚があるだけです。

いざ温泉へ!

浴室は天井が高く、タイル張りの床。中央に大人6~7人サイズの楕円形の浴槽があるだけのシンプルなつくり。

浴室全体に鄙びた雰囲気が漂い、とても良い感じです。

浴室の一角には洗濯機があり、壁には温泉分析書が掲示されています。

入浴中に洗濯をする方がいるのでしょうか。

早速、掛湯をして、誰もいない貸切状態で温泉へ。
湯は無色透明で、やや熱め。

泉質はナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・塩化物泉。

湯はもちろん、源泉掛け流しで、浴槽から溢れ出ています。

浴槽の縁は温泉の析出物でコッテコテにコーティングされています。

誰もいない静寂が広がる中で、何も考えず、ただ温泉を楽しむ贅沢な温泉時間。

気が付いたら、時間があっという間に過ぎていました。

 

「弓ヶ浜温泉」はお湯が良いのはもちろん、浴室内の渋い雰囲気が温泉の魅力をさらに引き立てている気がします。

建物の外観からは想像出来ないぐらい良い温泉を堪能することが出来ました。別府の渋~い共同浴場を楽しみたい方にはおすすめの温泉です。

 

昼間の「弓ヶ浜温泉」

ちなみに昼間の「弓ヶ浜温泉」はこんな感じ。

夜ほどではないですが、明るい時間に見ても、なかなか近づきがたい雰囲気の外観です。

 

 

交通アクセス

🚃JR日豊本線別府駅から徒歩約11分

🚙大分自動車道・別府ICから約10分

🅿専用の駐車場がないので、近隣のパーキングを利用

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

鉄輪温泉 上人湯(大分県)

今回の温泉は2024年に訪れた大分県別府市共同浴場「鉄輪温泉 上人湯(しょうにんゆ」です。

「鉄輪温泉 上人湯」は鉄輪温泉街のメインストリートの一つである「いでゆ坂」沿いにあります。以前訪れた時はコロナ禍の影響で組合員の方しか利用できず、目の前まで来て諦めた経緯があったので、今回、やっと利用できることを楽しみに訪れました。

建物の中央にあるお賽銭箱に入浴料を入れて、中へ。

入浴料は何と100円!

ちなみに「上人湯」は「別府八湯温泉道」のスタンプ対象温泉で、スタンプは「上人湯」の向かいにある「喫茶保月」にあります。

入浴料:100円

営業時間:10時~17時

定休日:年中無休

中へ入るとすぐ棚があるだけの簡素な脱衣所。

脱衣所と浴室との仕切りはなく、脱衣所と浴室一体型の別府の共同浴場によくある形です。

 

いざ温泉へ!

浴室は大人4~5人サイズの四角い浴槽があるだけのシンプルなつくり。

共同浴場らしい素朴な雰囲気が漂っていて、それがさらに温泉の良さを引き立てています。

浴室の隅にある源泉枡に温泉が注がれ、壁際の溝を通り、浴槽に注がれています。

湯はもちろん、源泉掛け流しの温泉で、浴槽からオーバーフローしています。

湯はやや白みがかった透明。つるつるとした浴感、ほのかに硫黄の香りがします。

泉質はナトリウム-塩化物泉。

人通りの多い道沿いにありながら、中へ入ると、静かな空間が広がっていて、まるで別世界に訪れたようです。

やや熱めの湯に体を委ねながら、ぼんやりとただ温泉に浸かる・・・。

心地良い贅沢な温泉時間を過ごせました。

 

「鉄輪温泉 上人湯」は温泉の良さはもちろん、別府の共同浴場の良い雰囲気を感じることができる温泉で、また訪れたいと思える良い温泉でした。

 

他にもおすすめの温泉が!

「鉄輪温泉 上人湯」がある鉄輪温泉街には他にも魅力あるおすすめの温泉が数多くあります。

 

 

交通アクセス

🚃JR別府駅からバスで約30分

🚙大分自動車道・別府ICから約10分

🅿専用の駐車場がないので、鉄輪温泉街にあるパーキングを利用

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村