会社を休職して約3週間。

会社を休職してもうすぐ3週間になります。

休職してから、本を読んだり、ネットを見たり、家のことをしたり、温泉に行ったり、基本的にしたいことだけをしている生活なので、仕事に行っていた時と比べて、当然ですが体の調子は良くなっています。

しかし、夢に仕事のことが出てきたり、仕事のことを考えたりすると、精神的にしんどくなります。

いつまで休職できるのか、休んでていいのか、はっきりとしない不安もあります。

 

また、家族以外とはほとんど会話をしていない生活なので、社会とのつながりに若干ですが不安を感じる時があります。

家族がいるから、保てているところがありますが、私ひとりなら、会社を退職していわゆる「ひきこもり」になってしまうところです。

 

「ひきこもり」については、身内に20年以上ひきこもりをしている者がいるので、他人事ではありません。

本人に気持ちや考えを聞いたことはありませんが、このまま社会と長い間、つながりがなく、親であったり、自分の貯金などがなければ、生活が出来なくなってしまいます。

幸い、今はネットがあるので、行政サービスなどの情報を手に入れることができ、気持ちさえあれば、生きていけるかも。

昔は「ひきこもり」なんて、甘えているだけだと思っていました。

 

けど、年齢を重ねて、「ひきこもり」の問題を考えたときに、「甘え」の一言で片づけられることでなく、先に述べたように経済的な部分はなんとかなっても、精神的な部分を本人もそうですが、周りのサポートでクリアしないと難しいことだと思うようになりました。

 

今回、休職して、よく考えるのは、これからの残された人生は何を励みに生きていけばよいのか、何に生きがいを感じて生きていけばよいのか、生きる意味があるのか、このまま年齢を重ねて・・・とかです。

 

「ひきこもり」をしている理由は一つだけではなく、様々な感情や環境が組み合わさって起きていると思うのですが、まずは生きることに前向きにならなければ、動けないと思います。

その前向きになれない理由として、恐怖や変化に対応できるかなどの不安があると思います。

そして、今の私も生きることに前向きになれないし、不安がつきまといます。

 

私も会社を退職したら、ほとんどの人との関係はなくなると思います。

そして、会社を退職したら、社会とのつながりが失われます。

しかし、働ける自信がありません。

家族はいますが、私も社会から落ちこぼれる可能性があります。

 

そんなことを一人の時はずっと考えてしまい、しんどくなります。

お名前.com