そして、温泉。

今までに訪れた全国各地の魅力ある温泉のことを記しています。

御陵天然温泉 亀の湯(大阪府)

御陵天然温泉 亀の湯(大阪府

今回は2022年に訪れた大阪府堺市にある「御陵天然温泉 亀の湯」です。

 

「御陵天然温泉」は街中にあるスーパー銭湯ですが、その湯はとても素晴らしく、ホームページにも「関西屈指の天然温泉」と謳うほどです。

 

仁徳天皇陵古墳」へ

温泉に行く前に、三国ヶ丘駅を出ると近くに世界遺産の「仁徳天皇陵古墳(大仙古墳)」があるので、まずそちらへ行きました。

三国ヶ丘駅」の屋上にも展望台のようなものがあるのですが、森しか見えません。

 

古墳の周りは地元の方にとっては、散歩コースなのか、ウォーキングしている人が多くいました。

駅から古墳沿いを15分ほど歩くと古墳の正面にある拝所に行けます。

f:id:DANISH:20220304180743j:plain

残念ながら、天皇陵なので中へは入れませんでしたが、何とも言えない厳かな雰囲気の中でお参りをしました。

 

仁徳天皇陵古墳」の周りには大小数多くの古墳や公園、博物館などがあります。

f:id:DANISH:20220304180815j:plain

しばらく散策してから、本来の目的の温泉へ。

仁徳天皇陵古墳」からは徒歩20~25分ぐらいです。

 

建物に入ると、券売機があるので入浴チケットを購入します。

入浴料:平日大人(中学生以上)700円 小人(3歳~小学生)350円 

    土日祝は大人だけが100円アップの800円

営業時間:10時~25時

定休日:年中無休

受付でチケットと下駄箱のカギを渡し、ロッカーのキーをもらいます。

休憩する場所や土産屋、食事処などがある広いロビーを抜けると脱衣所があります。

 

いよいよ温泉へ!

浴室に入ると、まず41度~42度と少し熱めの内湯があります。この内湯は温泉が使われていますが、加温されて、消毒もされています。

浸かると、消毒臭が気になったので、全然浸かりませんでした。

他にも電気風呂、ジェット風呂、2種類のサウナ(アロマサウナ・タワーサウナ)、水風呂があります。

 

外に出ると源泉かけ流しの温泉が楽しめる大人10人ほどが入れる広さの岩造りの露天風呂、寝湯、壺湯、人工炭酸泉、ジェットバスがあります。

そして、以前はあったと思われる「(高温?)温泉浴槽」なるものが浴槽がコンクリートで埋められている状態でありました。

f:id:DANISH:20220304181129j:plain

御陵天然温泉 亀の湯HPより

泉質は弱アルカリ性単純温泉で少しぬめりがあるやわらかい湯で肌がすべすべになり、源泉温度が40.1度と少し温めなので体への負担が少ない温泉だと言えます。

 

 

おすすめは露天風呂!

常時、湯量豊富な温泉が注がれていて、38~39度とちょうど良い湯加減でやさしく包み込まれるような心地よい温泉で長く浸かることが出来ました。

 

琥珀色の湯はかすかにモール泉のような香りがし、茶色い湯の花も舞っていて温泉感を十分に楽しめます。

また、テレビが備え付けられているので、テレビを見ながら、ゆっくりと温泉に浸かっていられます。

 

壺湯もおすすめ!

静かにじっくりと温泉を楽しみたい人は壺湯がおすすめです。

2つしかないので、譲り合いながら入らないといけませんが、源泉かけ流しの温泉を独占出来ます。

 

この壺湯にも湯量が豊富に注がれています。

また、露天風呂とは違い、少し熱めで透明に近い湯でしたので、おそらく湯の鮮度が良いのだと思われます。

テレビから少し離れているので静かに湯の流れる音を聞きながら、落ち着いて浸かることが出来ます。

 

スーパー銭湯ということでそれほど泉質には期待していなかったのですが、良い意味で期待を大きく裏切られる温泉でした。

それほど人も多くなく、壺湯と露天風呂を中心にのんびりと温泉を楽しむことが出来ました。泉温が高くないので思わず長湯してしまうので注意が必要です。

 

「御陵天然温泉 亀の湯」から徒歩15~20分ぐらいのところに「蔵前温泉 さらさのゆ」という同じくスーパー銭湯があり、はしごをして温泉を楽しめます。

 

 

交通アクセス

南海高野線百舌鳥八幡駅から徒歩約15分、JR/南海・三国ヶ丘駅から徒歩約15分、車では阪神高速・大浜ICから約15分で行くことが出来ます。

総合旅行予約サイトの楽天トラベル

 

初心者も安心のサポート充実【DMM FX】

Xserverドメイン

 

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村