そして、温泉。

そして、温泉。

今までに訪れた全国各地の魅力ある温泉のことを記していこうと思います。      時々、マラソンのことも。

MENU 当サイトにはプロモーションが含まれます

岡山県温泉巡りの旅⑧般若寺温泉

8つ目に訪れた温泉は岡山県鏡野町にある「般若寺(はんにゃじ)温泉」です。

7つ目に訪れた奥津温泉 奥津荘」から車で約5分で行くことが出来ます。

 

前回の奥津温泉 奥津荘」の記事はこちら。

 

「般若寺温泉」という名前からお寺にある温泉なのかなと思いますが、その通りで、元々は明治時代に宿坊として開業し、昭和30年代に旅館に変わり、今は立ち寄り湯の営業だけをしています。

 

立ち寄り湯の利用は電話での事前予約制で、1時間貸切となります。

当日利用は空きがあれば利用できるようです。

私は数日前に電話予約をして、12時からの予約をとりました。

まだ12時になっていませんでしたが、駐車場に車を停め、脇にある「般若寺温泉」の案内の通り、階段を降りていきます。

そのまま進むと、建物が見え、番犬2匹が出迎えてくれます。

御主人がいるので、予約した旨を伝え、入浴料を支払います。

入浴料:大人1100円 小人550円

営業時間:10時~15時

※要望があれば17時ぐらいまで営業することがあるようです。

定休日:年中無休

※露天風呂だけが湯温が低いので12月中旬~4月上旬まで利用できません。

「般若寺温泉」には内湯と露天風呂がありますが、それを1組だけが1時間貸切利用をするので、前のお客さんが出てこないと入れません。

私が訪れた時も11時からのお客さんがまだ利用しているということで、御主人としばらくお話をしました。

 

御主人はとても気さくな方で、温泉の利用方法や、温泉から見える川のことなど、楽しいお話が聞けました。

ほどなくして前のお客さんが出て来られたので、いよいよ温泉へ。

温泉へはさらに奥に進みます。

すると、鄙びた雰囲気がある、コンクリート造りの小さな小屋が出てきます。

中に入ると、狭く簡素な脱衣所があります。

スノコの上にカゴが置いてあるだけです。

貸切なので、貴重品があっても大丈夫だと思います。

浴室の扉を開けて・・・

 

いざ温泉へ!

浴室は、薄暗く、まるで洞窟の中のような雰囲気で、大人2人サイズの岩風呂があるだけです。

岩風呂の湯底には石が敷き詰められ、壁は大きな岩がむき出しになっていて、独特の雰囲気があります。

湯はとてもクリアな透明感があり、ほぼ無味無臭です。

泉質はアルカリ性単純温泉

少しとろみがあり、やわらかく、つるつるすべすべの浴感で、とても気持ちの良い温泉です。

加水加温・循環・消毒なしの完全かけ流しの湯の温度はぬるめでとても気持ち良く、浴室内の薄暗さもあって、秘湯感を感じながら温泉を堪能しました。

そして、小屋の裏にある露天風呂へ。

 

絶景露天風呂へ!

露天風呂は2つ浴槽がありましたが、手前の浴槽には湯がなく、奥の浴槽だけが利用できました。

崖下にある野趣溢れる岩風呂は大人2人サイズで、開放感抜群です。

すぐ横を川が流れ、綺麗な景色を見ながら、温泉を楽しむことができます。

湯は内湯よりも少し熱めでしたが、吹き抜ける風が気持ち良く、のんびりと浸かることが出来ました。

個人的には内湯の方が好みで、その後、再び、内湯に戻り、時間ギリギリまで温泉を満喫しました。

 

あいにくの雨でしたが、素晴らしい景色、素晴らしい温泉を貸切で楽しめるという、とても贅沢な温泉時間を過ごすことができました。

帰りに再び、少しだけ御主人とお話をして、2匹の番犬たちに見送られて、次の温泉へ向かいました。

 

次の温泉の記事はこちら。

 

 

交通アクセス

🚃JR津山線津山駅からバスで約1時間

🚙中国自動車道・院庄ICから約25分

🅿4台(無料)

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村