そして、温泉。

そして、温泉。

今までに訪れた全国各地の魅力ある温泉のことを記していこうと思います。      時々、マラソンのことも。

MENU 当サイトにはプロモーションが含まれます

鹿児島県霧島市 温泉巡りの旅①ラムネ温泉 仙寿の里

鹿児島県霧島市 温泉巡りの旅

2023年に1泊2日で鹿児島県霧島市へ温泉巡りの旅へ行きました。

2日間で巡った温泉は15か所。順番に記していきます。

10時半頃鹿児島空港に到着。

鹿児島空港からバスで一つ目の温泉「ラムネ温泉 仙寿の里」に行きます。

 

「ラムネ温泉 仙寿の里」は山間にある温泉宿です。

鹿児島空港からバスで約10分で最寄りのバス停「川原橋」に到着。

しばらく歩くと、「ラムネ温泉」の看板がたくさん見えてきます。

 

さらに細い道を進むと、看板が見えてきます。

広い敷地の奥に受付があります。鄙びた雰囲気で秘湯ムードが漂っています。

受付の看板を見つけて、行ってみますが、受付には誰も人がいなくて、入浴料を入れる箱と釣銭用の100円玉が並べられていました。

しばらく待ちましたが、誰もいないようだったので、箱に入浴料を入れ、中へ進みました。

入浴料:大人400円 小人200円

※家族湯 800円(1時間)

立ち寄り湯の営業時間:10時~20時

定休日:毎月第3火曜日

受付から右奥に進むと湯小屋「仙寿の湯」が見えてきます。

湯小屋の前には飲泉所があり、温泉が飲めます。

湯小屋の中に入ると、仕切りがなく、脱衣所と浴場が一体化した形となっています。

湯治場のような素朴な雰囲気で、とても良い感じです。

 

脱衣所には棚にカゴがあり、カゴに荷物を入れる形です。

鍵付きロッカーが3つだけあります。

 

いざ温泉へ!

浴室は半露天のようになっていて、大人6~8人サイズの正方形の浴槽があります。

浴室右側に洗い場があり、温泉が注がれている細長い湯桶からすくって使います。

湯口や浴槽の縁、床は温泉の析出物で赤茶色くなっています。

早速、掛湯をして温泉に体を沈めます。

湯に浸かると同時に湯底に沈殿していた赤茶色の湯の花が一気に舞います。

湯口からは源泉かけ流しの湯が絶えず注がれ、浴槽から溢れ出ていて、鮮度の良い温泉が楽しめます。

 

泉質は炭酸水素塩泉。

皮膚の角質を柔らかくしてくれる美肌の湯です。

熱めの湯だったからか「ラムネ温泉」という名があるほど、炭酸感はありませんでしたが、柔らかい湯で、鉄の香りが強く、温泉感が強く感じられます。

 

湯に身を委ね、目を瞑ると、湯が流れる音だけが浴室内に響き、心が落ち着きます。

「来て良かった~」としみじみ思います。

 

しっかりと温まったところで露天風呂へ。

露天風呂へは内湯からの扉を開けて、階段を下りて行きます。

岩造りの露天風呂へ!

岩造りの露天風呂は2つに分かれていますが、手前の岩風呂から温泉が注がれ、奥の岩風呂に流れているので、奥側が少し温めになっています。

湯口からは内湯同様、並々と温泉が注がれ、岩風呂から溢れ出ています。

岩風呂の縁も赤茶色くなっていて、温泉成分の濃さを感じられます。

露天風呂は森に囲まれているので、鳥のさえずりや注がれている湯の音を聞きながら、静かにのんびりと温泉を満喫出来ました。

 

一つ目の温泉から鄙びた雰囲気の中で、素晴らしい温泉を満喫でき、この後巡る温泉への期待がより高まりました。

 

次の温泉の記事はこちら。

 

 

交通アクセス

🚃霧島温泉駅もしくは嘉例川駅からタクシーで約10分

🚙九州自動車道・横川ICから約25分

🛫鹿児島空港から車で約20分

🅿約30台(無料)

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村