そして、温泉。

そして、温泉。

今までに訪れた全国各地の魅力ある温泉のことを記していこうと思います。      時々、マラソンのことも。

MENU 当サイトにはプロモーションが含まれます

鹿児島県霧島市 温泉巡りの旅⑪新天降川温泉

11ヵ所目に訪れた温泉は「新天降川(しんあもりがわ)温泉」です。10ヵ所目に訪れた「侏儒どん温泉」から徒歩約12分で行けました。

 

前回の「侏儒どん温泉」の記事はこちら。

「新天降川温泉」は8ヵ所目に訪れた「西郷どん湯」や9ヵ所目に訪れた「日当山温泉センター」があるところから天降川を挟んだ対岸にあります。

建物に近づくと、受付があります。

しかし、誰もいません・・・。

どうしよっかな~と思いつつ、とりあえず、受付横にある券売機で入浴券を購入し、しばらく待ちます。

 

24時間365日営業!

「新天降川温泉」は一般的な温泉とは違い、「家族湯」として個室で温泉が利用できます。しかも24時間、365日休みなく営業しているので、いつでも温泉を利用することができます。

 

入浴料は、1室何人利用しても1時間300円と破格の価格で利用できます。

その他、1人専用30分170円や1時間2部屋500円、20分延長100円など様々なパターンの料金設定があります。

私は1人だったので、1人専用40分200円を利用しました。

リーズナブルなのは入浴料だけでなく、自販機の飲料もカップ飲料は50円、缶ジュースや500ml飲料は100円~など、とてもリーズナブル価格で販売されていました。

入浴料:基本1時間300円(2人以上) 

     1人専用30分 170円 1人専用40分200円

    1時間2部屋500円 3部屋750円 4部屋1000円

 ※延長20分100円、30分200円

営業時間:24時間営業

定休日:年中無休

しばらく待っていると、お店の方が来たので、入浴券を渡すと、「今、待ち時間が20分なので、時間が来たらお知らせするので」と言われ、呼び出しブザーを渡されます。

 

しばらくボーッとベンチに座って待っていると、次から次へとお客さんが来ます。

人気のある温泉のようです。

そして、ブザーが鳴り、呼び出しブザーをお店の方に渡すと、一番奥の部屋を案内されました。

一見、アパートのような入り口から中に入ると、エアコン付きの3畳ほどのスペースがあり、畳敷きの台があります。そして、すぐ奥に浴室があります。

その浴室からはものすごい勢いのある水の音が聞こえてきます。

浴室の中を見てみると、蛇口とシャワーからすごい勢いで湯が浴槽に注がれています。

「新天降川温泉」は、お客さんが入れ替わるたびに、お湯を入れ替えるので、蛇口とシャワーのW攻撃で湯を満たします。

湯量が豊富だから出来る何とも贅沢な湯使い・・・。

 

しばらく湯が溜まるのを待たなければなりませんが、いつでも綺麗で鮮度の良い温泉が楽しめると思えば、待ち時間も苦になりません。

 

いざ温泉へ!

お湯が溜まり、掛湯をして温泉へ!

浴槽は大人2~3人サイズなので、1人だと十分な広さです。

浴槽の手前が段になっているので、半身浴も楽しめます。

 

湯の温度は自分好みの温度に調節でき、しかも完全貸切でゆっくりと温泉を堪能することができます。

 

無色透明の湯は少しとろみがあり、やわらかく、湯上り後は肌がすべすべとしました。

泉質はナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉。

温泉を十分に満喫した後、もったいないなぁと思いながら、浴槽の栓を抜き、温泉を流し、「新天降川温泉」を後にしました。

 

次の温泉の記事はこちら。

 

 

交通アクセス

🚃JR日当山駅から徒歩で約12分

🚙九州自動車道・溝辺鹿児島空港ICから約35分

🛫鹿児島空港から車で約20分

🅿約15台(無料)

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村