そして、温泉。

そして、温泉。

今までに訪れた全国各地の魅力ある温泉のことを記していこうと思います。      時々、マラソンのことも。

MENU 当サイトにはプロモーションが含まれます

亀陽泉(大分県)

今回の温泉は2024年に訪れた大分県別府市共同浴場「亀陽泉」です。

 

「亀陽泉」の歴史

別府市のホームページによると、中世に災害のため、埋没してしまった温泉場が明治時代に再び発見されたのが「亀陽泉」で、当時は「亀川新湯」と呼ばれていました。

大正時代には2階建ての温泉場が建設され、1階には滝湯や砂湯、浴場を設け、2階には休憩室兼料亭がありました。昭和初期の改築では壮大な浴室を建設し、「千人風呂」と呼ばれていました。昭和40年の改築では1階が浴場、2階には集会所が作られました。

平成28年には新築され、お年寄りや車椅子の方でも利用しやすいバリアフリー構造の「ホスピタリティ」に溢れる温泉施設となり、現在に至ります。

立派な看板の下には「亀」があしらわれたかわいい暖簾が。

暖簾を潜り、建物に入ると、下駄箱があり、靴を入れて中へ。カギは自己管理。

入って、正面に男女別の入り口があり、右側に受付があります。

ロビーは天井が高く、広々としています。

受付で入浴料を支払います。

入浴料:大人(中学生以上)250円 小人(小学生)100円 小学生以下無料

営業時間:6時半~22時半

※13時~14時は清掃の為、利用不可。

定休日:第1水曜日

脱衣所の入り口に掛かっている暖簾にも「亀」があしらわれていました。

脱衣所は棚があるだけのシンプルなつくり。

有料(¥100)の貴重品ロッカー有り。

 

いざ温泉へ!

浴室には露天風呂やサウナなどはなく、内湯があるだけです。

別府市公式観光情報HPより

浴室中央には「亀」をイメージしたと思われる八角形の浴槽があり、真ん中で仕切られ、入り口側が「あつ湯」、奥側が「ぬる湯」になっていて、それぞれ大人3~4人サイズの広さになっています。

浴槽には手すりや幅が広い階段が設置され、高齢者や体の不自由な方にも優しいつくりになっています。

浴室左側には洗い場があり、浴室奥の左右の角にはシャワー付きの洗い場があります。

 

めっちゃ熱い温泉!

浴室に入ってすぐ右側にある掛湯槽でしっかりと掛湯をして、まずは「あつ湯」へ。

ゆっくりと足を入れてみると・・・熱い。

頑張って、体を湯に沈めますが・・・めっちゃ熱い!

これは無理と思い、すぐ出てしまいました。湯の温度はおそらく44℃ぐらい。

 

続いて、「ぬる湯」へ。

「あつ湯」の時と同じようにゆっくりと足を入れてみます・・・熱い。

けど「あつ湯」と比べると、いける感じがしたので、ゆっくりと湯に体を沈めます。

確かに「あつ湯」と比べると、ぬるいと言えますが・・・。

一般的な温泉の感覚で言えば、熱い!湯の温度はおそらく、42℃ぐらい。

 

湯口からは無色透明、無味無臭の湯が注がれ続け、浴槽から常時溢れ出ていきます。

湯は加水加温なしの源泉掛け流し。クセがなく浸かりやすい温泉。

泉質は単純温泉(中性・低張性・高温泉)

別府市公式観光情報HPより

「ぬる湯」とは言え、しばらく浸かっていると、すぐに体が温まってきます。

浴室奥にあった椅子で休憩をしながら、じっくりと温泉を楽しみ、最後に上がり湯としてもう一度「あつ湯」にチャレンジをして、温泉を後にしました。

 

非常に熱い湯でしたが、湯上がり後はさっぱりとして、心も体もスッキリとしました。

 

近くの温泉もおすすめ!

「亀陽泉」から徒歩圏内には渋~い共同浴場があり、こちらもおすすめです!

danish.hateblo.jp

danish.hateblo.jp

 

 

交通アクセス

🚃JR日豊本線亀川駅から徒歩約8分

🚙東九州自動車道・別府ICから約15分

🅿5台(無料)

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村