そして、温泉。

そして、温泉。

今までに訪れた全国各地の魅力ある温泉のことを記していこうと思います。      時々、マラソンのことも。

MENU 当サイトにはプロモーションが含まれます

亀陽泉(大分県)

今回の温泉は2024年に訪れた大分県別府市共同浴場「亀陽泉」です。

 

「亀陽泉」の歴史

別府市のホームページによると、中世に災害のため、埋没してしまった温泉場が明治時代に再び発見されたのが「亀陽泉」で、当時は「亀川新湯」と呼ばれていました。

大正時代には2階建ての温泉場が建設され、1階には滝湯や砂湯、浴場を設け、2階には休憩室兼料亭がありました。昭和初期の改築では壮大な浴室を建設し、「千人風呂」と呼ばれていました。昭和40年の改築では1階が浴場、2階には集会所が作られました。

平成28年には新築され、お年寄りや車椅子の方でも利用しやすいバリアフリー構造の「ホスピタリティ」に溢れる温泉施設となり、現在に至ります。

立派な看板の下には「亀」があしらわれたかわいい暖簾が。

暖簾を潜り、建物に入ると、下駄箱があり、靴を入れて中へ。カギは自己管理。

入って、正面に男女別の入り口があり、右側に受付があります。

ロビーは天井が高く、広々としています。

受付で入浴料を支払います。

入浴料:大人(中学生以上)250円 小人(小学生)100円 小学生以下無料

営業時間:6時半~22時半

※13時~14時は清掃の為、利用不可。

定休日:第1水曜日

脱衣所の入り口に掛かっている暖簾にも「亀」があしらわれていました。

脱衣所は棚があるだけのシンプルなつくり。

有料(¥100)の貴重品ロッカー有り。

 

いざ温泉へ!

浴室には露天風呂やサウナなどはなく、内湯があるだけです。

別府市公式観光情報HPより

浴室中央には「亀」をイメージしたと思われる八角形の浴槽があり、真ん中で仕切られ、入り口側が「あつ湯」、奥側が「ぬる湯」になっていて、それぞれ大人3~4人サイズの広さになっています。

浴槽には手すりや幅が広い階段が設置され、高齢者や体の不自由な方にも優しいつくりになっています。

浴室左側には洗い場があり、浴室奥の左右の角にはシャワー付きの洗い場があります。

 

めっちゃ熱い温泉!

浴室に入ってすぐ右側にある掛湯槽でしっかりと掛湯をして、まずは「あつ湯」へ。

ゆっくりと足を入れてみると・・・熱い。

頑張って、体を湯に沈めますが・・・めっちゃ熱い!

これは無理と思い、すぐ出てしまいました。湯の温度はおそらく44℃ぐらい。

 

続いて、「ぬる湯」へ。

「あつ湯」の時と同じようにゆっくりと足を入れてみます・・・熱い。

けど「あつ湯」と比べると、いける感じがしたので、ゆっくりと湯に体を沈めます。

確かに「あつ湯」と比べると、ぬるいと言えますが・・・。

一般的な温泉の感覚で言えば、熱い!湯の温度はおそらく、42℃ぐらい。

 

湯口からは無色透明、無味無臭の湯が注がれ続け、浴槽から常時溢れ出ていきます。

湯は加水加温なしの源泉掛け流し。クセがなく浸かりやすい温泉。

泉質は単純温泉(中性・低張性・高温泉)

別府市公式観光情報HPより

「ぬる湯」とは言え、しばらく浸かっていると、すぐに体が温まってきます。

浴室奥にあった椅子で休憩をしながら、じっくりと温泉を楽しみ、最後に上がり湯としてもう一度「あつ湯」にチャレンジをして、温泉を後にしました。

 

非常に熱い湯でしたが、湯上がり後はさっぱりとして、心も体もスッキリとしました。

 

近くの温泉もおすすめ!

「亀陽泉」から徒歩圏内には渋~い共同浴場があり、こちらもおすすめです!

danish.hateblo.jp

danish.hateblo.jp

 

 

交通アクセス

🚃JR日豊本線亀川駅から徒歩約8分

🚙東九州自動車道・別府ICから約15分

🅿5台(無料)

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

四の湯温泉(大分県)

今回の温泉は2024年に訪れた大分県別府市共同浴場「四の湯(しのゆ)温泉」です。

 

JR亀川駅から亀川商店街を歩き、以前記した「亀川筋湯温泉の前を通り過ぎて、さらに歩を進めると公園が出てきます。

danish.hateblo.jp

その公園の一番奥に佇んでいる建物が「四の湯温泉」です。

古くから地元の方たちに親しまれている温泉です。ちなみに「四の湯温泉」の名は第12代景行天皇が「伊予の道後」「摂津の有馬」「紀伊牟婁」と共に四霊泉と賞賛し、四番目に保養された湯であることから由来するとか。

建物の中央に受付・番台があり、右側が女湯、左側が男湯になっています。受付の前に係の方がいたので入浴料を支払います。

入浴料:大人200円 子供(小学生)100円

営業時間:7時~10時半、14時半~22時

定休日:毎月5日・15日・25日

扉を開けて中へ入ると、小階段があります。階段を下りると靴置き場があるので靴を置いて中へ。

脱衣所には簡素な棚、すのこが敷いてあるだけで、目の前には、すぐ温泉がある脱衣所と浴室が一体になった別府の共同浴場によくあるつくりです。

いざ温泉へ!

浴室は天井が高く、明るく広々としているので非常に開放的に感じます。

浴室中央には青いタイル張りの楕円形の浴槽があり、真ん中で仕切られ、それぞれ大人5~6人サイズの「熱い湯」と「ぬるい湯」に分かれています。

浴室の隅には源泉槽があり、左側は掛湯用かと思い、掛湯をします。右側にあるパイプを通して、浴槽に注がれているようです。

ゆっくりと湯に体を沈めます。

程よい温度の湯に体が包み込まれます。

やわらかく、つるつるとした浴感で、優しい感じの湯です。

非常にクリアな透明の湯は無味無臭、加水加温消毒なしの源泉掛け流し。

泉質は単純温泉(弱アルカリ性・低張性・高温泉)

壁に掲示されている温泉の分析書の錆び加減が鄙びた雰囲気を醸し出して良い感じです。

浴槽から見た番台。レトロですね~。

ずっと浸かっていたくなるほど心地よい湯、共同浴場鄙びた空気感が広がる居心地の良い空間・・・。普段の日常生活よりもゆっくりと時が流れている感じで、のんびりと温泉を堪能できました。

 

湯上がり後、建物から出ると、地元の方たちが楽しそうに話をしていました。

その光景を見つつ、温泉の前にある公園のベンチでしばらく涼んでから、次の温泉へ向かいました。

 

 

交通アクセス

🚃JR日豊本線亀川駅から徒歩約13分

🚙東九州自動車道・別府ICから約10分

🅿5台(無料)

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

ホテルニューツルタ(大分県)

今回の温泉は2024年に訪れた大分県別府市のホテル「ホテルニューツルタ」です。

ホテルニューツルタHPより

「ホテルニューツルタ」別府駅から徒歩約10分の別府の中心街にあり、ホテルの周辺には飲食店が数多くあり、別府温泉のシンボル的な存在の「竹瓦温泉」へは徒歩約1分で行くことができる旅の拠点として非常に便利なホテルです。

ホテルニューツルタHPより

海沿いに立地しているので、海側の部屋からは別府湾やヨットハーバーが一望できます。

ホテルは8階建てと6階建ての2つの建物が繋がったつくりで洋風な外観ながら全60室のうち44室は和室で構成されています。

ホテルニューツルタHPより

建物に入り、一番奥にあるフロントで、立ち寄り湯の利用する旨を伝え、入浴料を支払います。

今回、訪れる前にホテルに立ち寄り湯の営業をしているか確認してから行きましたが、「ホテルニューツルタ」では通常は立ち寄り湯の営業をしていなくて、宿泊者が少ない日限定で営業をしています。

また、今回は別府八湯温泉道公式ガイドブック「別府八湯温泉本」を購入し、この本についている入湯料半額券を使って利用しました。

入浴料(タオル付):大人800円

立ち寄り湯の営業時間:15時~17時

※宿泊者が少ない日限定の営業。事前に電話等で確認が必要。

展望大浴場「二條泉」という名の温泉は6階にあります。

江戸時代から湧出しているという歴史ある温泉で、ホテルの敷地内に源泉を2か所所有しています。

エレベーターで6階へ。

ホテルニューツルタHPより

エレベーターを出て、大きな暖簾をくぐり、入り口で靴を脱いで中へ。

ホテルニューツルタHPより

脱衣所は広く、清潔感があります。無料鍵付きロッカーが完備されています。

ロッカーは通常のサイズよりも大きく、使い勝手が良かったです。

 

いざ温泉へ!

ホテルニューツルタHPより

浴室は海側が全面ガラス張りになっていて、光が多く入り明るく、開放感があります。
浴室右側に洗い場があり、浴室の左側には掛湯槽がありますが、温泉の析出物で原型がなくなっていました。

 

浴槽は窓に面してあり、石壁で左右に分けられていて、向かって左側は大人3人が寝ころべる寝湯になっていて、ちゃんと頭をのせるための丸太が備え付けられています。

右側は大人6~8人サイズの浴槽になっています。

ホテルニューツルタHPより

早速、掛湯槽で掛湯をして、ゆっくりと温泉に体を沈めます。

湯がじんわりと体に染みわたります。熱すぎず、心地よい湯で気持ちが良いです。

窓から見える別府湾、手前にあるヨットハーバーを望みながら、ゆっくりと温泉を堪能します。

湯口からは無色透明の源泉掛け流しの湯が注がれ、つるつるとした浴感の温泉です。

泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉。

先述の通り、掛湯槽には温泉の析出物が固まっていることや、浴室の床や浴槽の縁が温泉の成分で染まっていることから、成分が濃い温泉だと感じられます。

続いて、浴室の右奥側にある露天風呂へ。

 

こじんまりとした露天風呂へ!

ホテルニューツルタHPより

露天風呂はマンションのベランダのような場所にあり、大人2~3人サイズの岩風呂風の浴槽があるだけのこじんまりとした半露天風呂です。

湯口にはやはり温泉の析出物が固まっています。内湯同様、湯の温度は適温でのんびりと温泉が楽しめます。

浴槽が大きくないので、他の利用客が来たら、厳しいなぁと思っていましたが、暗黙の了解のように、順番に譲り合いながら、各々貸切状態で露天風呂を利用出来ました。

 

ホテルの目の前が幹線道路になっているので、車の音などが聞こえ、静かに温泉とはいきませんが吹き抜ける風が気持ち良く、竹塀の隙間からは別府湾が望みながら、温泉をゆっくりと楽しみました。

湯の心地良さもさることながら、こじんまりとした広さが妙に落ち着き、居心地が良く、何度も露天風呂を利用してしまいました。

 

最後に上がり湯として、内湯に戻り、別府湾をぼんやりと見ながら、至福の温泉時間を満喫しました。

 

温泉巡りもおすすめ!

別府駅周辺にはたくさんの共同浴場があるので、それらの温泉を巡るのもおすすめです。

 

 

交通アクセス

🚃JR日豊本線別府駅から徒歩約10分

🚙大分自動車道・別府ICから約15分

🅿約50台(無料・宿泊者専用なので、立ち寄り湯での利用の時は近隣のパーキングを利用)

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村