そして、温泉。

そして、温泉。

今までに訪れた全国各地の魅力ある温泉のことを記していこうと思います。      時々、マラソンのことも。

MENU 当サイトにはプロモーションが含まれます

天然温泉 華の湯(大阪府)

今回の温泉は2023年に訪れた大阪府羽曳野市スーパー銭湯「天然温泉 華の湯」です。

 

「天然温泉 華の湯」は幹線道路から少し奥まった目立たない場所にあり、看板は出ているのですが、なかなか辿り着きません。

何度か通り過ぎてしまって、やっと駐車場に辿り着きました。看板が見当たらず、本当にここが「天然温泉 華の湯」なのか不安になります。

駐車場に車を停めて、数寄屋造り風の門を潜り建物へ。

建物に入ると、入り口には温泉の説明が掲示されています。

 

下駄箱に靴を入れて、さらに奥へ。ロビーは天井が高く、広々としています。

一番突き当りに受付があり、その前に券売機があります。

券売機で入浴券を購入し、受付で入浴券と下駄箱のカギを渡し、指定されたロッカーのカギを受け取り、受付横の入り口から中へ。

入浴料:大人(中学生以上)750円 小人(4歳~小学生)400円 3歳以下無料

営業時間:10時~24時

定休日:年中無休

脱衣所はそれほど広くありませんが、清潔感があります。

「天然温泉 華の湯」には「檜風呂」と「石風呂」の2種類の浴室があり、日替わりで男女湯が入れ替わります。訪れた日は「石風呂」でした。

 

いざ温泉へ!

浴槽や床すべてに天然石が使われている浴室はこじんまりとした広さながら、コンパクトに様々なお風呂があります。

天然温泉 華の湯HPより

大人6~8人サイズの源泉掛け流しの浴槽があり、その横には大人3~4人サイズの循環濾過式の温泉が使われている少し熱めの浴槽があります。

向かい側にはジェットバスがあり、サウナ、水風呂もあります。

 

掛湯をしっかりとして、温泉へ。

湯は地下約1100mから湧出した温泉が使われ、源泉温度が約42℃と適温なので、加水や加温されずにそのままの状態で楽しめる貴重な温泉です。

源泉掛け流しの浴槽に体を沈め、しばらく浸かり、温まったところで露天風呂へ。

 

風情ある露天風呂へ!

天然温泉 華の湯HPより

日本庭園風の露天エリアには内湯同様、コンパクトにお風呂が配置され、浴槽すべてに天然石が使われています。

しかもすべて浴槽で源泉掛け流しの温泉が楽しめるという贅沢なことになっています。

 

大人8~10人サイズのメインの岩風呂風の主浴槽は壁沿いにあり、源泉掛け流しの温泉が楽しめます。

湯に体を沈めると、無数のオレンジ色の温泉成分が浮遊し、鉄の香りがほのかにして、温泉感をしっかりと感じられる良い湯です。

湯の温度が少し温めなのでゆっくりと浸かれます。

 

ほのかに緑がかった灰色の湯はミネラルが多いのか、しょっぱく保温効果の高い温泉です。

泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物泉。

天然温泉 華の湯HPより

露天エリアの角には大人2人サイズの小さな岩風呂があります。この小さな岩風呂から溢れ出た湯が小川のように流れ、その上に橋が架かっているという趣のあるつくりになっています。

湯は岩から滴り落ちるように注がれ、常時溢れ出ているので鮮度の良い温泉が楽しめます。主浴槽よりは少し熱めなので、長湯はしづらいです。

 

少し離れたところに「天然石くりぬき風呂」があります。名前の通り、大きな石をくり抜いて作られており、大人1人サイズの細長い壺湯のようです。

 

コンパクトな作りながら、とても静かな雰囲気、隠れ家的な雰囲気で、心の疲れが癒される良い温泉でした。

 

 

交通アクセス

🚃近鉄南大阪線恵我ノ荘駅から徒歩約20分

🚙阪和自動車道・美原北ICから約10分

🅿160台(無料)

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村