そして、温泉。

今までに訪れた全国各地の魅力ある温泉のことを記しています。

兵庫県北部温泉巡りの旅③黒川温泉 美人の湯

兵庫県北部温泉巡りの旅③」

3つ目の温泉も同じく朝来市にある「黒川温泉 美人の湯」です。

2つ目に訪れた「よふど温泉」からは車で約40分で行くことができます。

 

前回の記事はこちら。

「黒川温泉」と言えば、熊本県阿蘇にある「黒川温泉」が有名ですが、兵庫県にも「兵庫の秘湯」としてあるのです。

黒川温泉 美人の湯HPより

よふど温泉」から山道、細い林道を抜けて、集落が出てきて、しばらくすると「生野渓谷 黒川温泉」の看板が見えてきます。

奥には巨大な石積の壁がそびえ立っています。これは「黒川ダム」です。

 

駐車場に車を停め、建物に入ります。下駄箱に靴を入れ、中へ。鍵は自分で管理します。

黒川温泉 美人の湯HPより

広いロビーにはお土産物がたくさん並んで販売されています。

休憩所や食事処もあったので、入浴後はここで昼食を食べることにしました。

 

受付で入浴料を支払い、ロビー奥にある温泉の入口へ。

入浴料:大人(中学生以上)700円 子供(小学生)350円 幼児100円

JAFカードを提示すると、オリジナルタオルが貰えます。

 

営業時間は月によって異なります。

5月・6月・9月・10月は平日11時~19時、土日祝11時~20時

7月・8月は毎日11時~20時

11月~4月は毎日11時~19時

定休日:毎週水曜日

木が多く使われ、暖かい感じの脱衣所は清潔感があり、綺麗です。

無料鍵付きロッカー完備です。

 

いよいよ温泉へ!

浴場は内湯と露天風呂が1つずつあるだけのシンプルなつくりです。

浴室に入るとすぐに内湯と露天風呂の入り口が分かれています。

まずは内湯へ。

黒川温泉 美人の湯HPより

内湯には大人5~6人ぐらいが入れる広さの浴槽があります。

湯は透明でとろみがあり、柔らかく、ツルツルとした浴感の化粧水のような感じでした。湯上り後は肌がスベスベとして、「美人の湯」と謳っているだけはあると感じる温泉でした。

 

泉質はアルカリ性単純温泉なので、とても浸かりやすく長湯をしても体への負担が軽い感じでした。

残念ながら、源泉かけ流しではなく、循環濾過式・消毒ありの温泉でしたが、消毒臭はそれほど気にならないほど良い湯でした。

 

露天風呂へ!

黒川温泉 美人の湯HPより

露天風呂は大人3~4人ぐらいが入れる広さの浴槽があります。

黒川温泉 美人の湯HPより

決して広い露天風呂ではなく、周りも塀で囲われているため、景色はあまり望めませんでしたが、とても落ち着いた雰囲気の中で温泉が楽しめました。

平日ということもあり、利用客が少なく、静かにゆっくりと温泉を満喫しました。

 

湯上り後は食事処で名物の「ダムハヤシ」を食べました。

ちょうど季節が変わり、「秋バージョン」の「ダムハヤシ」を食べられました。

 

 

交通アクセス

JR生野駅からタクシーで約30分、車では北近畿豊岡自動車道・青垣ICから約20分で行くことが出来ます。

無料駐車場(50台)完備

総合旅行予約サイトの楽天トラベル

 

初心者も安心のサポート充実【DMM FX】

Xserverドメイン

 

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村