そして、温泉。

今までに訪れた全国各地の魅力ある温泉のことを記しています。

兵庫県北部温泉巡りの旅⑤湯の原温泉 湯の原館

兵庫県北部温泉巡りの旅⑤」

5つ目の温泉は豊岡市にある「湯の原温泉 湯の原館」です。

4つ目に訪れた「神鍋温泉ゆとろぎ」からは車で約20分で行くことができます。

 

前回の記事はこちら。

 

「湯の原温泉 湯の原館」は「湯の原温泉オートキャンプ場」という施設の中にある温泉施設です。「オートキャンプ場」はキャンプはもちろん、バーベキュー場やコテージもあり、大勢でアウトドアが楽しめます。

そして、「湯の原館」はキャンプやコテージの利用者はもちろん、それ以外の方も利用できます。

冬は積雪があるため、4月~11月の期間限定の営業となっています。

日高神鍋観光協会HPより

駐車場に車を停め、建物に入ります。

玄関の横に靴置き場があるので、靴を置き、スリッパに履き替えて中へ。

ロビーの突き当りにある券売機で入浴券を購入し、入口にある受付で入浴券を渡します。

入浴料:大人(中学生以上)600円 子供(3歳~小学生)400円

立ち寄り湯の営業時間:平日15時~20時、土日祝は12時~20時

定休日:毎週水曜日

ロビーにはレストランや売店があり、ロビーの左側に温泉の入り口があります。

脱衣所は無料鍵付きロッカーが完備されています。

「湯の原館」には「阿瀬の湯」と「蘇武の湯」の2つの浴場があり、男女湯が週単位で入れ替わります。

私は「阿瀬の湯」を利用しました。

 

いよいよ温泉へ!

内湯は大人8~10人ぐらいが入れる浴槽があり、浴槽内の一部が泡風呂になっていました。

浴室は決して広くありませんが、窓が大きいからか、太陽の光が多く差し込み、明るく開放感があります。

ニフティ温泉より

泉質はアルカリ性単純温泉でやわらかく、心地よい温泉でした。

残念ながら源泉かけ流しではなく、循環濾過式・消毒ありでしたが、消毒臭はそれほど感じず、温泉感が感じられる湯でした。

 

露天風呂へ!

露天風呂は庭園風の敷地に大人4~5人ぐらいが入れる広さの石組みの浴槽が一つあるだけです。

周りは何もなく、とても静かで目の前には雄大な山々の景色が望め、春は新緑、秋は紅葉が楽しめる素晴らしいロケーションです。

湯の原温泉オートキャンプ場HPより

山の自然を見ながら、ゆったりと過ごせ、湯の心地よさもあり、思わず長湯してしまいそうになるぐらい良い露天風呂でした。

 

 

交通アクセス

JR江原駅からバス等で約50分、車では北近畿豊岡自動車道・日高神鍋高原ICから約15分で行くことが出来ます。

無料駐車場(100台)完備

総合旅行予約サイトの楽天トラベル

 

初心者も安心のサポート充実【DMM FX】

Xserverドメイン

 

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村