そして、温泉。

今までに訪れた全国各地の魅力ある温泉のことを記しています。

兵庫県北部温泉巡りの旅⑦やぶ温泉 但馬楽座

兵庫県北部温泉巡りの旅⑦」

7つ目の温泉は養父市にある「やぶ温泉 但馬楽座」です。

6つ目に訪れた「とがやま温泉 天女の湯」からは車で約10分で行くことができます。

 

前回の記事はこちら。

 

「但馬楽座」は山陰地方や但馬地方に行く中継地点になる場所にある道の駅で、敷地内にお土産品や地場野菜などを販売しているコンビニ、飲食店、温泉、宿泊出来る施設があります。

 

温泉があり、リーズナブルな価格で宿泊出来ることから、今回の温泉巡りの旅の宿泊地にしました。

 

宿泊施設はそれほど広くなく、決して綺麗とは言えませんが、部屋は和室(十畳)で一通りのアメニティグッズがあり、無料Wi-Fiが使え、一人旅、予算を抑えた旅だったので十分に満足できました。

駐車場に車を停め、建物に入ります。

道の駅なので、駐車場がとても広く停めやすいです。

フロントでチェックインをして、部屋へ。

 

今回は素泊まりプランを利用したので、部屋で少し休憩して、建物の1階にある「やぶ牧場」という但馬牛が味わえるレストランに行きました。

「ローストビーフ丼」が名物のようでしたが、「すきやき定食」を頂きました。

 

食後、一旦部屋に戻り、明日の旅の行程を確認した後、建物の地下にある温泉に行きました。

 

温泉は立ち寄り湯の利用も可能です。

入浴料:大人500円、子供(3歳~12歳)300円

※毎月26日は入浴料が半額で利用できるようです。

営業時間:8時半~22時

※宿泊客は6時~23時の間、利用できます。

階段を下りると、下駄箱があるので靴を入れ、中へ。鍵は自己管理です。

受付がありますが、宿泊客は部屋のカギを見せるだけで中に入れます。

奥に進むと温泉の入り口があります。

全体的にレトロな雰囲気で、入り口前はとても広い休憩室になっていて、湯上り後もゆっくりとできます。

 

脱衣所は無料鍵付きロッカーが完備されています。

 

いよいよ温泉へ!

浴室の左側に大きな窓に面して、広い浴槽があり、右側に洗い場があり、浴室中央付近に浴槽のような大きな掛湯があります。

やぶ市観光協会HPより

浴槽はとても広く、のんびりと浸かることが出来ます。浴槽の左側は泡風呂になっています。

温泉はアルカリ性単純温泉で源泉かけ流しではなく、循環濾過式・消毒ありでしたが、とろみがあるツルツルとした浴感の湯でした。

 

露天風呂はなく、内湯のみでしたが、浴槽が広いので、他の利用者に気遣いせずにゆっくりと浸かり、初日の旅の疲れを癒しました。

 

湯上り後はコーヒー牛乳を飲みながら、レトロな雰囲気を楽しみました。

 

 

交通アクセス

JR播但線和田山駅からタクシー等で約15分、車では北近畿豊岡自動車道・養父ICから約5分で行くことが出来ます。

無料駐車場(約100台)完備

総合旅行予約サイトの楽天トラベル

 

初心者も安心のサポート充実【DMM FX】

Xserverドメイン

 

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村