そして、温泉。

今までに訪れた全国各地の魅力ある温泉のことを記しています。

鹿児島県霧島市 温泉巡りの旅⑤妙見温泉 田島本館「神経痛の湯」

鹿児島県霧島市 温泉巡りの旅⑤妙見温泉 田島本館「神経痛の湯」

4か所目に訪れた温泉「安楽温泉 鶴乃湯」から妙見温泉 和気湯」を経由し、今回宿泊する妙見温泉 田島本館」へ行きました。

「和気湯」から徒歩約15分ほどで行くことができました。

 

前回の「妙見温泉 和気湯」の記事はこちら。

 

妙見温泉 田島本館」は妙見温泉で最初に発見された温泉になり、温泉自体の歴史は約170年あり、宿は明治時代に創業し、100年以上の歴史を持つ湯治宿です。

宿の周囲は山に囲まれ、霧島山麓から流れる天降川沿いにあります。

宿の敷地に入ると、素朴な雰囲気な建物が見えてきます。

受付でチェックインを済まして、部屋を案内して頂きます。

部屋は和室6畳のシンプルなつくりです。こたつがとても良い感じです。

布団は自分で敷きます。食事は朝・夜とも部屋で食事が出来ます。

無料Wi-Fiも問題なく利用できます。

宿泊料金は1泊2食付きで11200円(税込み)+入湯税150円でした。

「田島本館」は全室が川沿いにあり、窓を開けると川のせせらぎが聞こえてきます。

部屋のロケーションを含め、とても居心地の良い部屋です。

 

川のせせらぎを聞きながら、部屋でしばらく休憩し、早速、温泉へ行きます。

「田島本館」には「神経痛の湯」と「きず湯/胃腸湯」という2つの浴場があり、「神経痛の湯」は立ち寄り湯で利用することが出来ますが、「きず湯/胃腸湯」は宿泊しないと利用できません。

入浴料:大人(中学生以上)300円 小人(小学生以上)150円 幼児無料

立ち寄り湯の営業時間:8時半~19時

定休日:毎週月・水・金曜日の13時~15時は清掃のため利用できません。

まずは「神経痛の湯」へ行きます。

脱衣所はとても広く、鍵付きロッカーはなく、棚に脱衣カゴがあります。

 

「神経痛の湯」へ!

田島本館HPより

浴室には大人6~7人サイズの浴槽と、冷たい天然水が注がれている1人用の水風呂があります。

木造の浴室内は天井が高く、湯治場の雰囲気があり、より温泉の良さを引き立てている気がしました。

 

湯口からは源泉かけ流しの温泉が惜しげもなく注がれ、浴槽から湯が溢れ出ています。

しっかりと掛湯をして、温泉へ!

 

やや緑がかった色をした湯は少し熱めで、湯に浸かると、じんわりと体中に効いてくる感じがします。

泉質はマグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉.

金気臭がし、すべすべとした浴感の湯です。

泉質が良いのも当然ながら、浴室の雰囲気がとても良く、それだけでも十分に満足できる温泉でした。

 

地元の方も多く利用しているようで、私が訪れた時も、地元の方たちが世間話をしながら温泉を利用していました。

地元の方たちの世間話を耳にしながら、温泉を満喫しました。

 

かわいい看板猫「つばめ」&「すずめ」

十分に温泉を楽しんだ後は食事です。

田島本館facebookより

その前に「田島本館」の看板猫「すずめ」&「つばめ」を見に行きました。

ちょうど昼寝の時間だったらしく、2匹とも寝ていました。

けど、人に慣れているのか、いくら撫でても気にせずに寝ていました。


部屋でこたつに入りながら美味しい食事を頂きました。

そして、食後にもう一つの温泉「きず湯/胃腸湯」へ行きました。

 

「きず湯/胃腸湯」の記事はこちら。

 

 

交通アクセス

🚃JR日豊本線隼人駅からタクシーで約15分

🚙九州自動車道・横川ICから約20分

🛫鹿児島空港から車で約20分

🅿約30台(無料)

総合旅行予約サイトの楽天トラベル

Xserverドメイン

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村