そして、温泉。

そして、温泉。

今までに訪れた全国各地の魅力ある温泉のことを記していこうと思います。      時々、マラソンのことも。

MENU 当サイトにはプロモーションが含まれます

新穂高温泉 水明館 佳留萱山荘(岐阜県)

今回の温泉は2009年に訪れた岐阜県高山市の旅館新穂高温泉 水明館 佳留萱(かるかや)山荘」です。

 

「水明館 佳留萱山荘」は蒲田川沿いに建つ温泉旅館で、一番の特徴は日本最大級とも言われる大きな混浴露天風呂です。その広さは何と、大人が約250人が入れるほどです!

水明館 佳留萱山荘HPより

建物に入り、フロントで入浴料を支払い、早速、露天風呂へ。

入浴料:大人800円

営業時間:8時~20時

※立ち寄り湯は「露天風呂」のみが利用できます。

露天風呂は旅館から駐車場を挟んで反対側にあり、約100mほど歩いたところにあります。

水明館 佳留萱山荘HPより

大きな暖簾をくぐり、中を進みます。暖簾には「日本最大級の露天風呂」の文字が。

階段を下りて、やっと脱衣所へ。

水明館 佳留萱山荘HPより

木造の脱衣所は棚にカゴがあるだけの簡素なつくりです。

 

日本最大級の大露天風呂へ!

目の前には、とにかく大きい露天風呂がど~んと広がっています!

約250畳もの広さを誇る壮大なスケールの大露天風呂で、開放感抜群です!

ここまで大きいと温泉ではなく、大きなプールのような感じです。

水明館 佳留萱山荘HPより

大小の岩で造られた露天風呂のところどころには、巨大な岩が配置されていて、野趣溢れる雰囲気があり、奥には洞窟風呂もあります。

洞窟内には「日本秘湯を守る会」の提灯が掲げられています。

水明館 佳留萱山荘HPより

混浴露天風呂ですが、これだけ広く、タオル巻きOK、湯浴み着もレンタルしているので、女性にとっても入りやすい温泉ではないかと思います。

 

泉質はアルカリ性単純温泉なので、クセがなく浸かりやすく、さらりとした浴感の湯です。色はやや緑がかっていて、ほのかに金気臭と硫黄の香りもします。

 

これだけ広い露天風呂なのに、湯量は豊富で加水はされていますが、源泉かけ流しの温泉が楽しめます。

水明館 佳留萱山荘HPより

とにかく広いので、湯温もそれほど高くなく、長く浸かることができ、すぐそばを流れる蒲田川のせせらぎ音を耳にしつつ、北アルプス雄大な山々の景色を見ながら、のんびりと温泉を満喫できます。

 

残念ながら・・・

「水明館 佳留萱山荘」は2018年12月から休業中です。再開時期は未定のようです。

一日も早く、復活をしてほしい温泉ですが、厳しい状況のようです。

 

 

交通アクセス

🚃JR高山本線高山駅からバスで約1時間30分

🚙長野自動車道・松本ICもしくは東海北陸道・飛騨清見ICから約1時間45分

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村