そして、温泉。

今までに訪れた全国各地の魅力ある温泉のことを記しています。

駅前高等温泉(大分県)

駅前高等温泉(大分県

今回は2022年に訪れた大分県別府市にある「駅前高等温泉」です。

 

「駅前高等温泉」は温泉ファンなら、是非とも訪れたい温泉のひとつです。

 

「駅前高等温泉」は別府駅前通りに面した、大正ロマンを感じる洋館風の建物が印象的な町営の温泉施設であり、JR別府駅から徒歩2分の場所に位置し、別府駅から一番近い共同浴場です。

入浴だけでなく、2階には大広間があり、リーズナブルな料金で素泊まりも出来ます。

別府八湯温泉道HPより

「駅前高等温泉」は大正13年に地元の方々の寄付金によって建てられました。「高等湯」という「あつ湯」の温泉が源泉であることから「高等温泉」という名前がつきました。

レトロな雰囲気がある建物に入ると、券売機があるので入浴券を購入し、すぐ後ろにある番台に入浴券を渡します。

 

「あつ湯」と「ぬる湯」

「駅前高等温泉」には「あつ湯」と「ぬる湯」の2つの温泉があり、入浴券を購入する時にいずれかを選ばなければなりません。

いずれも泉質はアルカリ性単純温泉で「あつ湯」は湯温が約43~45度、「ぬる湯」は湯温が41~42度です。

 

私は初めて訪れたので、「ぬる湯」を選択しました。

入浴料:「ぬる湯」「あつ湯」共に大人200円 小人100円

営業時間:6時~24時

定休日:年中無休

※年2回(4月・11月)の大掃除の時だけ休みです。

番台横の扉を開けると脱衣所があります。

脱衣場は狭く、簡易のロッカーとカゴがあるだけなので、貴重品は持ち込まない方が良さそうです。

 

いよいよ温泉へ!

浴室の扉を開けると、半地下のようになっていて、階段があり、下に降ります。

浴槽は2つあり、一つは大人4~5人ぐらいが入れる広さのタイル張りの長方形の浴槽と、もう一つは階段の下にあり、大人3~4人ぐらいが入れる広さの木造りの浴槽です。

 

全然「ぬる湯」じゃない!?

早速、温泉に浸かろうと足を入れたのですが・・・「熱い!」

湯は「ぬる湯」と言いながら、めちゃめちゃ熱い湯!

それでも、せっかく来たからと思い、頑張って浸かりましたが、熱くて5分も浸かれません。

 

あきらめて、階段下の木造りの浴槽にチャレンジをします。

おそる、おそる足を入れてみると・・・「いける!」

こちらの浴槽は熱すぎるというほど熱くなく、気持ち良く浸かれます!

 

その後は、2つの浴槽を交互浴のように行ったり来たりしながら、温泉を楽しみました。

 

湯はほんのり緑がかった色をしていて、ほのかに金気臭がし、ツルツルスベスベとした浴感の温泉でした。

 

露天風呂などもなく、こじんまりとした温泉ですが、建物を含め、レトロな空気感が漂う、雰囲気のある良い温泉でした。

 

 

交通アクセス

JR別府駅から徒歩約2分、車では大分自動車道・別府ICから約15分で行くことができます。

無料駐車場(5台)が完備されています。

総合旅行予約サイトの楽天トラベル

 

初心者も安心のサポート充実【DMM FX】

Xserverドメイン

 

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

 

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村